DJについて

さてさて、このターンテーブルを使ってクラブなどで盛り上げる人たちがいます。
その人たちをDJと呼びます。

そこで、今回はこのDJについて書いていきたいと思います。

これはざっくり言うと、レコードなどで音楽を仕掛ける人のことです。
主にクラブなどで活躍しています。

わかりやすく簡単に言うとクラブにやってきたお客さんに向けて音楽を流し、テンションをあげさせその場の人たちを踊らせます。
曲と曲の間が空いてしまうとテンションが下がってしますので、音楽が切れないように流し続ける必要があります。
このDJを一般的にクラブDJとよんでいます。

このほかにもあり、スクラッチなどの能力を競い合うようなバトルDJと呼ばれるものがあります。

基本的には、ターンテーブルというレコードプレーヤーから流れている曲をミキサーと呼ばれる機械を使って2つの曲を1つにまとめています。

DJと言われる人たちにも何種類かあります。
クラブDJやラジオDJやバトルDJなどがあります。

ここでは、バトルDJについてかいてみます。
これは、テクニックと言われるものが必要になってくるからです。
例えば、スクラッチと呼ばれるものです。
これはディスクを手でこするようにして、同じ部分を反復再生したりリズムを刻んだりするものです。
これは一般的なテクニックだとおもいます。